>> 蟹 北海道



毛蟹

北海道の名産で塩茹でや焼き物、缶詰などに加工され、身をほぐして色々な料理に使われる。ズワイガニやタラバガニに比べると体が小さく可食部も少ないですが、食味に大変優れ身に甘みがあり、カニミソの量が多いので、ミソでは毛がにがNo.1だという人が多いですね。
現地で食べたこともあるし、お土産としても買った事がありますが1パイ7,000円は出したほうがいいです。

タラバガニ
塩茹でや蒸し蟹としてそのまま食べる以外にもいろいろな料理に使われますが、日本では半透明の生身を刺身で食べる時もあるのですが加熱したものより繊維質が強靭で、旨味も薄いです。焼き蟹が一番美味しいと思います。たた、偽装問題も多く出ましたね。安いアブラガニをタラバと偽っていたらしく、特に贈り物の時には気をつけないといけませんね。足買いをおすすめします。中身はまず食べれません。足片方で2,500円といったとこでしょうか?

ズワイガニ

甲羅によく付着している黒いつぶつぶはカニビルの卵で、これが付着しているカニは「脱皮後の時間が長いことを示しており、身入りが良い」証拠とされることもあ
らます。ただ、ズワイガニの脱皮時期とズワイガニの漁業解禁期間に数ヶ月の期間が開くこともあり、その間にライフサイクルの短いカニビルはすぐ産卵してしまうため、あまり信頼性のある目安にはならないそうですが、やはり地元で聞くと着いてるカニのほうが美味しいらしいです。高いけどね。越前かにになると1パイ20,000円はしますが、そこそこのズワイなら5,000円だせば良質のものは手に入ります。

結論
足はタラバ、ミソは毛がに、生で足を喰らうならズワイ

安いですが、ミソはセイコがにが一番安くて旨い1,500円も出せばOK。
タグ: